不動産屋の実態


不動産屋の実態
おとり物件の実態
売りたい物件以外
は売らない!
ほしい物件を
ほしくなくさせる
営業マンの
トークとは?
このお客にはこの物件!勝手に決まる本命物件
住宅ローンはこう通す!
売れないやつはカス!
不動産屋の裏側
絶対にYesと言わせる!物件の見せ方
Yesというまで帰れない?不動産屋は蟻地獄
こんなことでいいの?
建売の実態
売れない!?
新築マンションの実態
こうすれば大丈夫!
不動産屋攻略法!

不動産屋の実態 「お客を呼び込む罠」

グレーゾーンに挑戦!住宅ローン攻略マニュアル 
不動産屋の裏技 住宅ローン裏技 おしえます!

「お客を呼び込む罠」実録!不動産屋の実態!


毎日毎日、新聞の折込チラシで
不動産の広告を見ているのではないでしょうか?
またポスティングなどでも不動産屋のチラシが
投入されていることもしばしばありますね。


不動産の広告には非常に魅力的な物件がたくさんあります。
この価格でこの値段?
なんてものもよく見るのではないでしょうか?


しかし実際に不動産屋を訪ねてみると
「その物件はもう終わっています」なんてことも。
実はこれはお客さんをお店に呼ぶための
「おとり物件」である事が多いのです。


特に注文住宅をメインに販売している
不動産屋などはこのおとり物件をよく使用します。
基本的に電話営業や訪問営業では不動産は売れません。



またこれらの営業方法ではクレームが増えて
評判が悪くなるばかりです。
なので広告でまずお店に来てもらうことが重要なのです。


しかし単純に仲介をするだけの不動産屋では
「おとり物件」ではなく「本命物件」を掲載しています。
不動産のチラシを見るときにはその不動産屋が
注文住宅を売る業者なのかどうかをよく確認する必要があります。


注文住宅を売りたい会社であればその物件は
「おとり物件」の可能性が高いのです。
なのでその物件がほしくても
見せてももらえないこともありますので気をつけましょう。